副鼻腔炎・蓄膿症

鼻腔の周囲には、副鼻腔という粘膜に覆われた空洞が存在します。

 

風邪等で鼻水・鼻づまりが止まらず副鼻腔内で炎症がおこった事を副鼻腔炎と言う。

風邪等で炎症が発生した場合は「急性副鼻腔炎」。

長期間にわたり、炎症がおこり続けた場合は「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」と言う。

 

症状

副鼻腔炎になると、

鼻みず・鼻づまり・頭痛・頭重感・副鼻腔付近の鈍痛などがあります。

 

原因は急性の風邪の鼻炎から長引いたり、膿汁の副鼻腔内の貯蓄、炎症性の粘膜肥厚、骨格などにより膿が溜まりやすい場合もある。

 

 

鼻茸

鼻茸(はなたけ)は慢性の副鼻腔炎に付随する一種。

 

鼻づまりや鼻水が止まらず、副鼻腔で炎症がおこり慢性副鼻腔炎になった時に鼻の中を見ると、白い水ぶくれの様なこぶが見えます。

これが「鼻茸」です。鼻の中の粘膜がきのこ状に水ぶくれになったものです。

 

症状としては、

左右交互に鼻づまりが起こり次第に両方で鼻づまりが起こります。

膿性の鼻水が慢性的に出続けます。(かぜと異なり長期的にでます。)

また臭いにも鈍感になるのが特徴です。頭痛を伴う事もあります。

まれに頭痛で病院で検査して鼻茸が発見されることもあります。

 

鼻茸が酷くなると、鼻から顔をだしたり、鼻の形を変えてしまうので、膿性の鼻水が出てきたり、臭いに鈍感になってきたりすると注意が必要!

 

 

お問い合わせはココ からお願いします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数