坐骨神経痛の養生

養生

 

まずは身体を冷やさない事です。

身体が冷えてしまうと至る場所に不調が現れます。

 

身体が冷える事によって血流が悪くなり悪化してしまいます。

 

特に下半身を冷やす事には十分注意をしてください。

お風呂にゆっくり浸かったり、ウォーキングなどがオススメです。

 

ただ、ウォーキングの場合に注意して頂きたいのですが、いきなり長時間歩いたりすると返って逆効果で悪化してしまいます。

10分くらいから始めると良いですよ。

 

運動をする時間が無い。と言う方には、階段を使うようにしたり、家まで少し遠回りをしたりする程度でも良いので、身体を動かして、温める事を意識してくださいね。

 

歩く事により、腹筋や背筋などの強化にもなります。他には血流促進・心肺機能向上・骨の強化など、メリットが多いです。

 

ただし!

無理は禁物ですので、焦らず、ご無理のない範囲でやってみて下さいね。

 

上記の事は痛みが軽くなってから行って下さい。

良くあるのが、

「動かさないと筋肉が固まってしまうから良くない。だからいつも運動をしている。」

という、言葉を耳にします。

確かに、運動して筋肉を動かす事は大切です。ですが、痛みがあり顔を歪めてまで運動をすると悪化する一方です。

痛みがあって、歩くのが辛い時や立つのが精一杯。という時は安静に寝ていて下さい。

痛みが激しい時に動くと逆効果です。焦る気持ちを抑えて痛みがない生活になるようにしていきましょうね!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数