陰陽説

「陽の気」とは、動・軽・剛・熱・明など、能動的・攻撃的・昂進的状態に傾いている物を言います。

「陰の気」とは静・重・柔・冷・暗など、受動的・防衛的・沈静的状態に傾いている物です。

また、陰陽は相対的な相を示す概念であり、陽は陰を含み、陰は陽を含む。万物は、ある状況下では陽と現れるが、同じものであっても違う状況のもとでは陰と現れる。

つまり、陰陽は、絶対的なものではなく、時と所に従って、反対物へと転化することもありうる。蝋燭の火は、太陽の下では「陰」であるが、闇の中では「陽」となる。

つまり、「陰」と「陽」は対立する二元であるが、敵対するものではなく、宇宙の根源的実在である太極(たいきょく)によって統合されており、両者の交合によって万物が生まれ、その消長によって四季が形成される。また、両者は、たがいに引きあい補いあい、一方が進むと一方が退き、一方の動きが極点にまで達すると他の一方に位置をゆずって、循環と交代を無限に繰り返します。

 

分類 虚実 性別 季節 上下 左右 動静 腹背 寒熱 表裏 方位 天地
 陽  実  男  夏  上  左  動  背  熱  表  北  天
   虚  女  冬  下  右  静  腹  寒  裏  南  地

「ココ」をクリックするとはらだ薬品店のブログに行きます。

 

お問い合わせはココ からお願いします。

はらだ薬品店

大阪市天王寺区勝山2丁目8-26

(06)6771-7877

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数