気管支喘息

喘息は気管支が収縮して気道が狭くなり、呼吸が苦しくなる発作をおこす。

発作は一日のうつでは夜中や明け方、季節では秋や梅雨時期に起きやすく大きな発作になると、命の危険性もあります。

 

原因の多くはアレルギー性。

ホコリやダニなどにアレルギーがある人がホコリやダニを吸うと、体内でヒスタミンという化学物質が過剰に活性化します。

それにより、気管支が収縮したり、分泌物が増加したりして、発作が起きると考えられています。

 

他にも、食事やストレス、疲労などが原因となる事があります。

 

食事面では、アレルギーが原因の人はもち米で作られたもの。トウガラシ等の刺激の強い物。山菜・タケノコなどのアクの強い物。血液を汚すカニ・エビ・サバ・タラコ等は避けた方が良いです。

ナシのジュースやシソの実などを食べられると良いです。

 

 

漢方薬では喘息を少なくする様に体質改善をしていきます。

養生面も合わせてご提案させて頂きますので、一度ご相談下さい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数