漢方薬の飲み方

① 一方(1日分)を土瓶にいれます。

※鉄製・銅製のやかんは使用しないで下さい。化学反応を起こし、効果に影響します。

 

② 水を約三合いれます。(500~600ml)

 

③ 水から、とろ火にかけ、吹きこぼれない様に気をつけて40~50分かけて半量に煎じつめます。

※揮発性の有効成分を少しでも逃がさない様に蓋をはずして煎じない事。

 

④ 熱いうちに薬の煎じかすを、こして取ります。

(茶こしまたはガーゼを使用すると便利です)

 

⑤ 煎じた湯液は1日2回または3回に分け、食間(食後二時間くらい)以降から食前(食事の一時間位まえ)の空腹時に服用します。

※別途、指示がある場合はそれに従って下さい。

 

⑥ 普通は温かいうちに(冷えたら面倒でも温めて)服用します。

 

⑦ 吐血・鼻血の時は冷やして飲みます。吐き気のある時は冷やして少しずつ飲みます。

 

⑧ 煎じた湯液は夏場、冷蔵庫に入れて保管して下さい。

漢方薬

漢方薬は元来、煎じ薬が基本です。

しかし近年、服用に便利なエキス剤が登場してきました。服用には便利ですが、どうしても効果は煎じ薬や末剤より劣ります。

 その為、当店では効果を追求し特に含有量の多いエキス剤を選んで使用しています。

濃いエキス剤を使用すればする程、湿気を吸い込んで固まりやすくなります。

 効果には影響はありませんので、安心してご服用下さい。

お問い合わせはココ からお願いします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数