痔膿(痔ろう)

肛門の中ほどからやや奥の歯状線にある肛門小窩というくぼみの中に、下痢などをして便中の細菌が入り込んで感染し、炎症を起こしてしまいます。炎症は、肛門線からしだいに奥へと進み、化膿して肛門のまわりに膿のたまり(肛門周囲膿瘍)を作るようになります。

こうなると、ズキズキと痛むようになり、重症になると熱が出るようになることもあります。さらに進行すると、肛門のまわりの皮膚などに穴が開き、膿が外に出てくるようになります。この膿の吐け口が出来る状態を痔ろうといいます。

一度、痔ろうになると、膿は出続けます。膿の出口が小さくなり、ふさがったように見えて、また再発し、痛みや熱が出て穴から膿が染み出してきます。こうした状態を何度も繰り返すようになります。

痔ろうは、自然に治ることはほとんどない手術が必要になる病気です。そのため放置することのないよう、早めに病院に行くようにしましょう。

痔ろう原因の一つとして、考えられるのが下痢です。よく下痢をする人は便通を整えて、入浴など常に肛門を清潔に保つようにしてください。

避けたい事

まずストレスは溜めないようにしてください。お仕事や私生活で難しい部分ではあると思います。

食事面では、緑の野菜を多く撮るようにして下さいね。逆に油もの・砂糖・もち米等を食べると膿は悪化してしまいます。普段からの少しの食生活でも良いので、始めれる事から始めて行きましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

友だち追加数